薬にたよらず、カラダの中のバランスを整えて

穏やかな眠りに導きます

不眠症(ふみんしょう)

​​ひとことで不眠症と言っても、寝付けないタイプ、夜中に何度も目が醒めるタイプ、早朝に目覚めて眠れなくなるタイプなど症状にはいくつかのパターンがあります。

ストレスがあったり、常に興奮状態だったり、虚弱体質で『気』『血』『水』の巡りが乱れている方は鍼灸指圧で全身のバランスを調整することで眠れるようになります。不安感や焦燥感が強いタイプの方には、過剰な緊張を緩めてリラックスできる治療が有効です。

自律神経失調症でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

鍼灸は自律神経失調症に特に有効な治療法です。

病院に長い間かよっても改善しない痛みやだるさでお困りの方はお気軽にご相談下さい。薬を飲み続けたくない場合にも、副作用や依存性のない鍼治療は最適です。

こんな方に選ばれています

病院での治療で効果がなかった ⇨ 東洋医学独自の捉え方で治療します

薬を飲み続けたくない ⇨ 副作用のない治療法です

整体やマッサージでも効果がなかった ⇨ 鍼灸治療独自の効果があります

良くなったり悪くなったりを繰り返す ⇨ 体質を改善し根本から治療します

治療方針

Sweepは全身を診て線維筋痛症を改善させます。症状のある所にだけアプローチしても根本的な治療にはなりません。

Sweepは全身の中から原因を探し、その治療点(ツボ)に施術します。主な治療点は首、腰、背中、手、足です。

​必要に応じて鍼の上にお灸を置いて行なう灸頭鍼(きゅうとうしん)やマッサージも行ないます。とても心地よい施術で眠ってしまう方もいます。

Sweepのやり方

  • 全身を診て、原因を特定

  • 直接触れられない深層筋にもアプローチ

  • ​内蔵の働きを整える

​安全な理由

  • ​100%ハリは使い捨て

  • 消毒を徹底しています

  • 国家資格の鍼灸師が行ないます

病院では『原因不明』でも身体には表れています

病院で受ける検査は大変重要ですが、異常が見つからなければ『原因不明』として扱われ、効果がないにも関わらず処方された痛み止めなどの薬を飲み続けることになります。

​病院では、筋肉の緊張やコリ、姿勢の問題が見逃されてしまいます。当院では、病院の検査では解らない身体の信号をしっかりと調べます。

自律神失調症かもしれないと思ったら

​もしかしたら、自分は自律神経失調症なの?と思っている方もいるでしょう。

自律神経失調症も他の病気と同じように早期発見、早期治療がとても大切です。

風邪もあまく見て放っておくと肺炎になる事もあります。

​同様に自律神経失調症も「まだ大丈夫」とあまく見ていると症状をこじらせてしまう可能性が高いのです。我慢せず早めに専門医で診てもらう必要があります。

​自律神経とは

​自律神経とは、心臓を動かしたりホルモンを調節したりと身体の中で自動的に働く神経系です。交感神経と副交感神経があります。

交感神経=活動する時や緊張した時に主に働く神経

副交感神経=休んでいる時リラックスしている時に主に働く神経

​なぜ自律神経が乱れるのか?

自律神経が乱れる原因としては精神的ストレス、身体的ストレス、生活のリズムの乱れ、生まれつきの体質、性格、ホルモンバランス等が複雑に絡み合っていると言われています。

自律神経失調症の症状

頭     片頭痛、頭がおもい

耳     耳の閉塞感、耳鳴り、めまい

目     涙目、疲れ目、目の乾き

口     味覚異常、口が乾く

のど    のどの異物感、のどの圧迫感、のどがつまる

呼吸器系  息苦しい、息が出来ない、酸欠感、息切れ

血管系   動悸、めまい、立ちくらみ、のぼせ、冷え

消化器系  吐き気、腹部膨満感、食道の異物感、胃の不快感、下痢

四肢    足のしびれ、手のしびれ、肩こり、だるさ、疲労感

皮膚    多汗、無汗、冷や汗、皮膚の乾燥、かゆみ

泌尿器系  頻尿、尿がでずらい、残尿感

生殖器系  インポテンツ、早漏、射精不能、生理不順

全身症状  倦怠感、微熱、ほてり、眠れない、眠りが浅い

​精神症状  不安感、イライラ、突然恐怖に襲われる、無気力

他にもありますが、主な症状だけでもこんなに有ります。

​当院で行なう治療

​上に書いた自律神経失調症の原因のうち、当院で治療出来るのは身体的ストレスのみです。しかし、身体的ストレスを改善する事で身体の中のさまざまな悪循環を止め自己治癒能力を最大に発揮する事が出来るようになります。

​鍼灸指圧Sweepでは一つ一つの症状を抑える治療はもちろん、根本的な原因を探り出し、繰り返す事が多い自律神経失調症の様々な症状をその原因から治す事を目指します。

​気をつけるべき生活習慣
​​自律神経とは『リズムの神経』とも言えます。心臓のリズム、睡眠のリズム、消化のリズムなど様々なからだのリズムを司っているのが自律神経なのです。したがって気をつけるべき生活習慣の中で最も重要なのは生活リズムを出来るだけ乱さないという事です。